美氣流行~びきりゅうこう

人を救い守るための整体を作り、伝えています

http://www.wagoichi.site/

漬物屋のキムチ

先週に「食の学校」の研修で、愛知県の(株)若菜さんという漬物会社さんに行ってきました。

若菜さんは、東京や大阪などのデパートの直営店や全国各地のこだわりスーパーに商品を下ろしたりしているのでご存知の方も多いと思います。その若菜さんで製造現場を見学させてもらったり、経営についてのお話を聞かせてもらってきました。

実は私は京都で子供時代を過ごしたので、お漬物にはなじみが深いです。また母が毎年沢庵付けなど各種漬物を作ってくれてもいました。しかし京都と言えば漬物というイメージに反して、デパートやスーパーで見る漬物は、正直買う気になりません。有名な漬物メーカーの商品は特にですが、添加物が沢山使われているからです。

実際に若菜さんで話を聞いていると、漬物は生鮮商品だと思います。漬物は菌の発酵作用により作られていきますが、完成した後も普通にしていれば菌の発酵はどんどん進んでいきます。それが行き過ぎると色が悪くなったり、においがきつくなったり、味が酸っぱくなったりします。

多くの大手漬物メーカーでは、商品を全国に配送して、かつ長く店頭に並び続けても大丈夫なように、保存料をたっぷりと使います。また味わいを深くするためや、色味を良くするためにも添加物を使っています。商品裏面の原材料をみるとそういう事情が垣間見えます。

もう素材そのものの味など感じ取れない、添加物の味だけで食べさせられているような漬物がほとんどのように感じます。だから基本的に私は漬物はスーパーで買わないで、家で浅漬けを作って食べています。その方がずっとおいしいです。

(株)若菜さんは、全国展開する大手漬物屋であり、かつどこまで添加物を使わないで済むかという挑戦を続けられているというお話でした。全商品添加物ゼロにまではまだ行き着いていなくて、商品によっては最小限の添加物を使うこともあると残念そうにお話になっていましたが、逆にそこに企業の姿勢を垣間見たようにも思いました。もちろん完全無添加を実現している商品も沢山あります。

私のように家で浅漬けを作ることが習慣化されているのならばいいでしょうが、そうもいかない家庭で、でも美味しくて身体にもいい漬物を食べたいという家庭にとっては、若菜さんは貴重な味方になっているのだと思いました。

そんな若菜さん研修で買って帰った土産の一つがキムチです。

漬物屋でキムチ?という気もしますが、市販のキムチもまた添加物まみれがほとんどです。実際にちゃんとつけたキムチではなく、辛味調味料に混ぜ合わせただけのようなものだと思います。だから本物のキムチを探して時々韓国食材店にも行くのですが、そこでもすべてが本物という感じはしません。やっぱり添加物の味がすることが多いものです。

若菜さんはキムチも作られていたので、「これは!」と思って買って帰りました。そして家族と一緒に食べたところ、皆目が「!」となりました。今まで食べてきたキムチとは全く違っていました。そして「キムチも漬物なんだ」とつくづく実感したのです。

何事も本物がいいですね。本物というもは、大抵はごく少数派でなかなか出会うことがありません。だからこそ出会えたらそのご縁を大事にしたいものだと思いました。とても美味しいキムチでした。

www.ginzawakana.com